かわいいおちゃめな
妖精”ひつじん”たちと一緒に
日々の日常の中で
みつけたモノを綴っていきます♪
○○みたよ!

映画館にしゅつじんちゅう!② 2019年夏映画、みたよ!「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」~ドラゴンクエストのゲームを楽しんだ人へ向けた物語~

ゆきはな映画館にしゅつじんちゅう!②2019年夏映画みたよ!「ドラゴンクエスト ユア ストーリー(DRAGON QUEST YOUR STORY)」~

映画好きの ひつじんたちは
ちょこちょこ 映画館に おでかけします。
さあ、今度は どんな映画を みたのかな?
どうしてその映画を観にいったの?
ひつじんたちに 観にいった映画の
みどころや感想をきいてみました♪

「DRAGON QUEST(ドラゴンクエスト)YOUR STORY」(観てない人は要注意!映画の内容にふれてます!)

観る前のきもち。

ゲーム「ドラゴンクエストシリーズ」は ゆきはなが はじめてあそんだRPGゲーム。

夢中になって あそんだ 子ども時代。

鳥山明さんの イラストが だいすきでした。

ゲームだけでは 物足りず、小説をよんだり、絵をかいたりも♪
4コマや漫画もいっぱいよんでたなあ。

そんな 思い出いっぱいの だいすきな作品です。

ゆきはな
ゆきはな
鳥山明さんのイラスト♡だいすきです!
へそ
へそ
にん!

その中でも だいすきだった ドラゴンクエストⅤが 元になった映画が 公開されるとのこと!

「どんな風に あのゲームを 映画で表現するんだろう?」
「主人公たちはもちろん あの個性豊かな モンスターたちも 映像となって動くんだ~!」
「ドラクエの 壮大な音楽と 映像を 映画館で 観てみたい!」

「うわあうわあ! たっ、たのしみ~い!!」

ドキドキわくわく!!だいこうふんの ゆきはな。ひつじんたちもいっしょに観にいくことになりました♡

ゆきはな
ゆきはな
これがはじまり!ゲームドラゴンクエストⅤ♪

観た後のきもち。

”ドラゴンクエストⅤのおはなし”ではなく、”ドラゴンクエストのゲームをたのしんだ人たちにむけたおはなし”だったなあ~と感じたよ。「ALWAYS 3丁目の夕日」に近いような・・・、昔を懐かしむ物語なんだなぁと思いました。

最後の結末には、どのような思いで観にいったかによって、受け取り方がかわるかな・・・。

ゆきはな
ゆきはな
・・・うん。
どう かいたら いいかな・・・。
むずかしいね・・・。
へそ
へそ
にんかにん・・・。

「DRAGON QUEST(ドラゴンクエスト)YOUR STORY」の感想。

ひつじんたちの感想だよ♪

ドラゴンクエストⅤをみにいったつもりのひつじんたちは、
たしかにさいごはびっくりしたみたい💦
予想外のどんでんがえしに「え~!!」とひっくりかえるこも。

へそ
へそ
にんな?!

ドラゴンクエストが すきな ひつじんたちのなかには、
あの壮大な音楽といっしょに、なつかしいキャラクターや モンスターたちが
動いて しゃべっているのが とにかく うれしかったみたいだよ。

しろべえ
しろべえ
ぬーみんみん♪

映画は 2時間でおさめるために かなりいそぎあし。
だから 物語のベースになっている ドラクエⅤを 知らなくて
おはなしが わからない こひつじんたちも いたみたい。

みちょ
みちょ
ふにん・・・?
ゆきはな
ゆきはな
とにかく賛否両論、いろんな感想が たくさんある映画だったね。

まとめ~映画をみて感じたこと~

万人には オススメではないけれど、
ドラゴンクエストが好きで、
この映画が ちょっと気になっている
心が ひろい人は 観てみるのも いいかなと思います。

ゆきはな
ゆきはな
ドラゴンクエストⅤの物語を観たい人にはオススメできないかも・・・。観る人をえらぶ映画です。
しろべえ
しろべえ
ぬーみん・・・。

ドラゴンクエストⅤの物語として個人的にオススメなのは小説!

昔のモノだけど、ストーリーは 久美沙織さん。イラストは いのまたむつみさん。壮大な物語と 細やかで深い設定!イラストがきれいで 小説にとてもあっていて、この方たちのドラゴンクエストの小説がだいすきでした!

ゲームでは語らない 主人公の言葉や心情が 小説では しっかり描かれとても魅力的な主人公になっています。父パパスへの思い母マーサへの思い愛する人への思いや、父となって知る子どもへの思いとても心がふるわされました。

ストーリーもすばらしく、親子3世代に渡る 壮大な物語を、味わえることができます!

仲間になるモンスターたちも 物語を彩ります。魔物使いである主人公とモンスターたちの友情はとてもすてきです。キラーパンサーのプックル、スライムナイトのピエール
戦いの中で散っていくキャラクターもいます。スライムのスラリン、腐った死体のスミス、爆弾岩のロッキー、キメラのメッキーや、ビックアイのガンドフ。主人公への深い思いや愛情、打算のない献身に涙が溢れます・・・。

登場人物も モンスターも 物語も
全てが魅力溢れる作品です!

ドラゴンクエストの映画を観て
「これはDRAGON QUEST Ⅴの映画じゃない!」と
思った人には、おすすめの小説です♪

ゆきはな
ゆきはな
ぜひ読んでほしい一冊です!

今は小説のイラストは別に方になっているみたいですね。

こちらもおすすめ♪

だいじにしたいこと

映画も本も、観た後の受け取り方は ひとそれぞれ。
考え方や 感じ方も ひとそれぞれ。

ひつじんたちも おんなじ。
おもしろかったひつじん、つまらなかったひつじん。
いろんなひつじんがいるよ。

だからこそ、どんな思いや願いや感想も、間違っていないよね。
作った人の思いも 観た人の思いも
否定するのではなく、違いを認めあい、尊重していこう。
間違うこともあるけれど、そういうことを大事にしたいねと
ひつじんたちは思っているよ。