はばたけ、折り鶴 〜平和の祈り〜

はばたけ、折り鶴
目次

はばたけ、折り鶴 〜平和の祈り〜

「平和ってなあに?」

そう聞かれたら何て答えるだろう。

お腹いっぱい食べられること。

安心して眠れること。

大好きな人と一緒にいられること。

きっといろんな考えがあるよね。

それは今、君のそばに当たり前にあるものかもしれない。

でも急にそれらが奪われてしまったら、
ぼくたちはどうするだろう。

世界のどこかで誰かが泣いている。

だからぼくたちは考えなきゃ。

ひとりひとりができることは少ない。

でもそうやって重ねた想いがきっと、

未来に、平和へとつながるから。

イラストにこめた想い

私は長年、保育に関わってきました。
そんな中で子どもたちにどうやって平和という学びを伝えるか。
それはずっとみんなで考え続けてきたことでした。

特にまだまだ小さい子どもたちと一緒に平和について考える時は、
まず平和について子ども自身が考え
大切さに気づいていくことが大事じゃないかと考えてきました。

これはそうして描いたイラストです。

このイラストを描いたとき、世界で戦争は起こっていませんでした。

ですが今、世界は変わってしまいました。

否応なく戦争の恐ろしさ、悲惨な状況が伝わってきます。

戦争の映像が絶え間なく流れてきます。

きっと今子どもたちはたくさんのことを感じ、
たくさんの思いを持っているのでしょう。

平和との対局にある戦争という事実にも
向き合うことになりました。

怖がらせたいのではありません。

子どもたちが平和の大切さを学ぶために何を伝えるべきなのか。

どう向き合っていく力が子どもたちに必要なのか。

今一度しっかり考えたいと思っています。

ゆきはな

小さい子どもたちに伝えたい、平和を考える絵本です。
大人の方にもぜひ読んでほしいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる